マンションを売却する際の不動産屋の選び方のポイント

マンションを手放すとなれば少しでも高値で売りたいと考えるのは当然のことであり、その際に重視しなければならないのが不動産屋です。参考資料>マンション売却の心得 > マンション 売る

物件の状態や立地などによる売却額の違いは当然ありますが、不動産屋の選び方次第で売却までに必要となる期間など様々な点に大きな影響を与えることになるのでしっかり比較し、よく吟味してから選ぶ必要があります。

不動産屋の規模による違いについて

一口に不動産屋といっても数多く存在しており、頻繁に利用することはないからこそどこを選んだら良いのかで悩むのは当然のことではないでしょうか。まず考えておくべき点が、不動産屋の規模による違いです。全国展開している知名度も高い不動産屋もあれば、地域密着型の中小規模の不動産屋もあり、それぞれ特徴や強みには違いがあります。

どちらが良いとは一概に言うことはできないため、自分が売りたい物件に合っている方を選ぶことが大切です。大規模となれば扱っている物件数も利用者も多く、手持ちの物件情報や顧客リストが豊富ということから買い手を探しやすく、スムーズに売却できるケースも多いです。

保証やサービス内容なども充実していて、安心して利用しやすいのではないでしょうか。逆に、中小規模の不動産屋では地域に密着していることが多く、大手にはない顧客情報があったり、変わったサービスがあることも珍しくありません。

アットホームで親身になって対応してもらえるなど、融通が利くことが多いのも魅力です。もちろん規模による違いだけではなく、各不動産屋による違いはかなり大きいですから、しっかり比較してから判断しましょう。

マンションを売却するときにはどっちが良い?大手と中小の不動産会社のメリット

複数の不動産屋に相談し査定を依頼する

今の時代ならインターネットを使うことで簡単に不動産屋を調べることができ、ある程度の情報を得ることができます。しかし、インターネット上の情報を全て鵜呑みにするべきではありません。良いと感じる不動産屋があれば電話で問い合わせるなどして、まずは相談してみるようにしましょう。

対応が丁寧ではない業者は利用を避けた方が無難ですから、電話対応でイマイチと感じたときには足を運ばないことをおすすめします。複数の不動産屋に査定の依頼をすることも必須となっていますが、査定には簡易査定と訪問査定があることも頭に置いておきましょう。

簡易査定は手間がかからず簡単というメリットがありますが、おおよその金額を教えてもらうだけなので確実に売れる金額というわけではもちろんなく、実際に訪問査定してもらった場合に査定結果が大幅に変わるケースも珍しくはありません。

訪問査定はマンションに直接来てもらう必要があるので、その分ハードルは高くなりますが、より正確な査定結果を知ることができます。まずはインターネットなどで簡易査定をしてもらい、その中から良いと感じる不動産屋を選んで訪問査定に来てもらうと良いでしょう。

もちろん査定結果が良いからといって、確実にその金額で売却できるわけではない点には注意が必要です。査定額の根拠をわかりやすく説明してくれて、納得できるのかが重要なポイントになるでしょう。

仲介力があるかに注目しておく

不動産売却をするとなれば、不動産屋の仲介力がかなり大きな影響を与えることになるので、仲介力の高さに注目しておくようにしましょう。店頭広告やチラシ、雑誌はもちろんのこと、インターネットを使うなど様々な集客方法がありますが、集客方法が豊富にある不動産屋の方が良いというのは当たり前ですし、どの集客方法を得意としているのかにも注目しておくべきです。

当然のことですが、顧客情報が豊富にあったり、地域の情報に詳しい不動産屋を選んでおいた方が仲介力も高くなります。

担当者が信頼できるのか

不動産屋による違いが大きいだけではなく、担当してくれるスタッフが信頼できて実績も豊富にあるのかはかなり重要なポイントになることを頭に置いておくべきです。説明もわかりやすくこまめに連絡してくれて、売却に対して力を入れてくれるスタッフが担当してくれないと、良い物件でもなかなか売れないという事態になりかねません。

アドバイスもしっかりとしてくれて、依頼者側の立場になってサポートしてくれるような安心して任せられる人が担当についてくれる不動産屋を選ぶことが大切になってきます。担当者がイマイチと感じたときには、変更も対応してくれるのかあらかじめ確認しておきましょう。

得意としている分野に注目する

不動産屋といっても売買だけではなく、賃貸も扱っているので得意としている分野は何かに注目しておくことが大切です。どんなに知名度が高く人気もある不動産屋でも賃貸を得意分野としていて、評判が良いのも賃貸に関してとなれば、売却はそれほど得意としていなかったり実績がそれほど多くないこともあります。

得意な分野を知るためにも問い合わせて売却に関する質問をしてみたり、インターネットを使って広告をチェックしてみるようにしましょう。

宅地建物取引士が在籍しているかチェック

不動産屋は必ず宅地建物取引士を雇わなければならないと定められているので、そもそも宅地建物取引士が在籍していない不動産屋は選択肢から外すことが必須です。宅地建物取引士の氏名と免許番号を店舗のわかりやすい所に掲載することが決まりとなっていますから、店頭に足を運んだ際には必ずチェックするようにしましょう。

わかりやすいところに掲載していない不動産屋は、すぐに店を後にするべきです。

希望をしっかり聞き、アドバイスもしてくれるのかが大切

マンション売却となれば大きな金額が動くことになるので、信頼できる不動産屋に任せなくてはならないことは確かであり、実績も豊富にあり希望もしっかり聞いてくれる不動産屋から選ぶことが大切です。

もちろん少しでも高く売りたいと考えるのは当然のことですが、絶対に売却が不可能な高値で売りに出してもいつまで経っても売れることはありません。実績が豊富で、どの程度なら売れる見込みがあるのかなどきちんとアドバイスや提案もしてくれる不動産屋を選びましょう。

利用する不動産屋や担当者により、どの程度の期間で売却できるのかにも大きな違いが生まれることになるので、しっかり話し合って信頼できる先を選ぶようにしましょう。素人にもわかりやすいように、専門用語などを使わずに説明してくれるのかや無理に売ることを勧めてくることはないかなど確かめておかなくてはならない点は多々あります。

不動産屋により売却額や売れるまでに必要となる期間、満足度など異なる点は多いことは確かです。